FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

紅白にハマる

  • 2009/12/31(木) 23:53:22

ついに我が家にも地デジの波がやってきまして,つい先日,10年世話になった28インチのトリニトロンに別れを告げ,40インチのREGZA R9000を導入いたしました.デカっ!
せっかくなので年越しもテレビ三昧でございます.二年ぶりに過ごす日本での正月.久しぶりに紅白をハマって見ました.歌はいいですね.
年越しまであと数分,今更アレやコレやと考えるのも野暮ですので,除夜の鐘を聞きつつ年越しを無難に迎えられることを何よりとしましょう.
それでは皆さん,良いお年を.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。
スポンサーサイト

  • 2009/12/31(木) 00:42:58

dsc01602.jpg
前回のエントリーで,しい,という言葉を用いたけれども,そもそもというものはとても興味深い.
十把一絡にと言っても,その実,には様々な流派というか,視点とでもいうか,解釈というものがある.例えば艶妖の,憂愁の,哀愁の美,黄昏の美,,美男美女,美の美,という具合に美にも様々なものがあると考えることが出来る.
果たして自分は前回,どのような美を用いたのだろうか?何に対する美だったのだろうか?という問を作り出してみると,その答えはである事に気がつく.そう,人々の生き様にを感じるからなのだ.しかしだからといって,それを即美と読んでしまっては興醒めだ.からくる美と美は全くの別物なのだから.
上の写真は先のエントリーを書くキッカケとなった忘年会,いやiBS外語学院第31期生同窓会とでも呼べるような会合での一枚.飲み屋の一席の写真に人々の生き様の描写を求めるのはいささか酷な事ではあるけれども,少しでも私の言わんとするところが伝わればと思い掲載した.末席に私の如き小人も写っているが,それは当事者としての事として,ご容赦頂きたい.
Look at their eyes, the fascinating streams in their eyes. What do you see? Why do you see? Hope? Dream? Future? Animus quo? or Everything?; possibly like in my case.
Often eyes talk more than what comes out from a mouth when it comes to about people's lives and thoughts although verbal communication is still an important part of human lives particularly in logical situations such as in a business conversation. Learning second language gives people an opportunity to realize that fact.
People in the picture are the youth masters of their lives whom I think of. That is what I felt indeed straightly from when I saw their eyes at the first time on the day, so the last entry was written.
As a writer, at least I could introduce myself as a writer after several years of an experience of blog writings, meeting such people is just so enthusiastic, one of the best exciting moment in my current life stage.
というわけで来年の抱負は,まず健康.続いての道を知る事!西洋で多少のジェントルマンシップを学ぶ気力があるのなら,何故故国の粋を学ばずにおけようか.なるほど女性が醸し出す粋な美も魅力的だけれども,男子として生まれたからには粋から来る美しさ,またはその逆でも,今もって通用するに足る生き様は立派に武士の体現ではなかろうか!



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

人生って素晴らしい

  • 2009/12/30(水) 00:40:39

人生は長い,と前置きして,その長い人生の間つねに,それが素晴らしいと言えるのならそれは素晴らしいが,少なくとも僕の人生では,それを素晴らしいと呼ぶのは,ある瞬間瞬間においての事である.だからこそ,それもまた素晴らしいのだが.
先日,さる忘年会にて幾人かの級友と再会する機会を得た.ああ素晴らしきかなこのは.
級友,または学友と親しみをこめて呼ぶが,僕にとってはそれぞれがまた人生の先生のような存在でもある.実のところ殆どが年下なんだけれども,素晴らしいと感じる生き方に多少の年齢差は関係無いだろう.また,自然から自然科学を学ぶように,人から人生を学ぶことに,上も下も余計なことでしかない.それらは純粋さに水を差す.
だがその純粋もまた,しばしば得難いと感じるもの.それをふと発揮し,時に,人に恵まれて,その瞬間こう口走る.ああ,人生って素晴らしい,と.
正直言って,現在自分は人生真っ逆さま,どん底,なんて形容のしかたもアリな状態である.少なくともその心身の状態に注目する限りは.それでも尚,こんなエントリーを書いているのは,言わずもがな,周りの人の生き様を見ての事に他ならない.
楽しいことばかりでも無い.むしろ苦しみ,悩みもがき,それでも悩めることを止めず,しかし,その生が僕を感動させ,奮い立たせ,ついには新たな意思を紡ぎ出すのだ.
僕のようにとことん苦しむ事を追求する者も居れば,苦しい事の中にも,周囲を見渡し,自らも含めて楽しい事を忘れない者も居る.ああ,素晴らしいことじゃないか.苦汁を飲みながらも尊敬や思いやりの心を失わず,意思によって行動し,ある時代のある小さな場所での出来事を進めていく.人間だ.それこそ人間だ.人間であるという事に感動と,素晴らしさを覚える瞬間なのだ.そしてその,なんとしいことだろうか.
僕にとって最も素晴らしいのは,そういう時を巡るチャンスを恵んでくれる友人に恵まれていることだ.自らの人生を見て,ああ素晴らしいと思うも結構,他人の人生を見て同じを思うのも尚結構.
心が沈みがちな病床の身にあって,このような上向きのエネルギーが湧いてくる理由はどこにあるのだろうか.考えるまでも無い,素晴らしき周りの人々の人生によって支えられているのからなのだ.周りと言っても物理的に近い,という意味だけではない.というものには,どうやら距離や時間とはまた別の繋がりがあるようで,不思議と結びつく.この不思議なものを通してまた,素晴らしいものを目にするのなら,それもまた自らを動かす力となるだろう.
とりあえずは,つい先日の事,そんな瞬間と出会った.思わず萎縮していた心も緩む.そして僕もまた自らの生き方を再確認し,それに相応しい心身を手に入れるべく,少し遅い来年の計画を練り始めたところである.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

ニーチェよ!!

  • 2009/12/21(月) 22:33:15

久しぶりのエントリーです.随分と時間をかけてニーチェ道徳の系譜学を読み終えました.
善悪の彼岸の時にも書きましたが,全く,これほど自分のブログと面白い関係を示す書物が存在したとは!
奇妙な,偶然,否,必然をもってして成されたような流れで,前後しつつ自らの頭の中にある考えと,の中にある文章が行き来する.
なぜだろうか.何が自分にニーチェ的な言葉の選択を,思考の流れをもたらしたのか?あるいは何故その逆ともみなせるような関係を見出すに至ったのか?
一つ言えるのは,自らの行動原理の一つとして,力への意志を意識していた事があるだろう.結局は,数年前,あの始まりの時点でこの時に至る最たる原因があったのだ.
だがこの先はどうだろうか?道徳の系譜学には後先する事の先をよむように続きが書かれていたが,それも偶然見出しただけのものか?
私の意志は何処を目指しているのだろうか.

さて独り言はこのくらいにして,ニーチェをわずか二冊だけ読んだ感想を少しばかり.
天才,しかし全知全能ではなかったのが惜しい.というのが善悪の彼岸を読み始めた頃以来の印象.天才という言葉が相応しいが,後の世代の立場から見て初めてそれが平凡な私の如き人間にも伝わる.果たして初版出版当時に,どれ程この先見性,嗅覚の鋭さ,その凄さを見抜いた人間が居たのだろうか,と思う.
最も惜しいのは,既に故人となっている事である.もし,このの作者が生きていたのなら,今すぐにでも飛んでいって会ってみたい,そう思わせるものがあった.
思えば読むと言えば殆ど技術書か専門書の類である私,その中において哲学に関するというのは,数少ない,よりも著者に魅力を感じさせる事のあるものなのかもしれない.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

サッパリ

  • 2009/12/11(金) 00:30:14

日記です.何の変哲もない日記です.
数カ月ぶりに美容室へ行ってまいりました.
というのも,いい加減「オイ鬼太郎☆」とか頭のどこかからか,出てきそうな具合でしたので,こりゃ我慢ならんということで,本日午後二時をターゲットに慎重に体調,心理状態を調節した上で,事前にしミューレト,計算されつくされた緻密な作戦計画を実行し,無事に任務達成致しました次第.
「オイ鬼太郎☆」から劇的ビフォーアフターつんつんヘアーになりました.ああ涼しい.
つんつんヘアーにパリっとしたスーツ,ピカッピカの革靴にお似合いのベルト.そして渋い銀縁眼鏡にトレンチコートを羽織りAudiへ.今冬のスタイルです.
ああっ,この自己満足に浸りたい,浸り尽くしたい.堕落だっ!!



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

ああ,ニーチェさん

  • 2009/12/09(水) 23:45:15

昨夜から道徳の系譜学を再び読み始めた次第ですが,これがまた面白い.何が面白いって書いてある事が興味深いことに加えて,書いてある事と自分の境遇と思考の関係が面白い.
いくつか前のエントリーで記憶と思いでと感情について少し書いたけれども,更に今,似たようなことを,とても難しい表現で1世紀も前に記した文章を目の前にしている.善悪の彼岸の時にも味わったけれども,この,時の後先,という事について幾許かの因縁を勝手に感じざるをえないような,このニーチェとのやり取りが面白い.
ついでながらこれから読もうと思っているいくつかの書物についても,言葉少なめにどぎつい先入観を鋭く差し込んであるところにも感ずるものがある.ああ,神曲よ,読む前に歌である事をやめないでおくれ.思想になるのは読んだ後でお願いします.
ダンテに限らず,これから手を出そうとしている分野に尽く結論をもって先手を打たれている感じすら覚える.ああ,ニーチェさん.ほどほどにお願いします.
この古い生を再び切り裂くのは,治療のためにか,それとも再びつけるためにか.あるいはもっと別の......



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

鹿児島にも走ってたもんだ

  • 2009/12/07(月) 22:55:39

久しぶりに鹿児島市内まで小用でドライブしてその帰り道.いつもの様に桜島を右手に,ああ今日の桜島上空の風向きは南か,なんて思いながら対向車線を見ていると白い車が一台,目につきまして.そりゃ鹿児島ランボルギーニなんて見かけたら目にも止まりますわな.しかもムルシエラゴじゃありませんか.個人的に県内で見かけた高額車記録ブッチギリで更新です.
更にその数分後,また対向車線を走るは,なんと同じカラーの初代A6じゃございませんか!滅多に見かけないから,というミーハーな理由で乗ってるところもあったので正直ちょっとショーック!でもなんか嬉しいですね.さすがにすれ違いざまでは2.8クワトロかどうかまでは分かりませんでしたけれど,ああ同士見っけ,なんて勝手に思ってます.
最近は動ける日で,一日の活動限界が3時間というところでしょうか.残り21時間の半分は寝たり起きたりして過ごしながら,もう半分は時の彼方に消え去っております.ううむ,じれったい.本来,思い立ったら即,計画煮詰めて目処が立ったら直ぐ実行って性分なので,こういうマテの状態はとてもじれったいのであります.
とりあえず調子の良い日なら,移動を除いて1-2時間程度鹿児島市内に滞在出来る事が判っただけでも前進としましょう.これからいろいろと集まりのあるシーズンですし.無理しない程度に楽しめるよう計画を煮詰めていかなければ.
そういえば歎異抄読み終えました.現代語訳,原文,解説,後書きとえらい長い本でしたけど,一応実家のキラキラの仏壇に阿弥陀如来と親鸞と蓮如の名が入っている身としては,興味深いものでありました.一見繋がりは遠そうなんですけど,善悪の彼岸と併読するのも面白そうです.またウンチクは気力のある時にでも詳しく書こうかと思います.今はもう既に本日の分の気力を使い果たしております故.
次はずっと同じところにしおりが挟まったままの道徳の系譜学を読み進めつつ,間々に魯迅の短編集を読み進める事としましょう.その二冊を読み終えたらカフカの訴訟をば.んー,何処へ流れ着くのかなぁ.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

最近の日課

  • 2009/12/05(土) 01:54:32

随分と寒くなってまいりました.堪えます,平均BMIを大きく割り込んで脂肪率一桁のこの身には果てしなく堪えます.
そこでいくつか解決策を考えてみたんですが,第一候補の冬眠は,まず人類としてどうなのかという突っ込みにより,とりあえず下策にまわし,第二候補の常時コタツを背負って過ごす,は移動電力源の維持が現実問題として難しそうなので諦めざるをえず,第三候補の冷暖房完備の怠惰スーツを開発する,は時間がかかりそうなので今冬の需要には間に合いそうに無く,第四候補の地球温暖化を急速に促進し冬を暖かくする,は世界中から反対されそうなので難しく,第五候補の南国島国へ避寒,キレーなオネーちゃんで目の保養も兼ねて・・・・・・イイナァこのアイデア!!という感じで尽く挫折を味わっております.いや,何のこっちゃ.
無難に厚着というのも寒い分にはいいんですけど,なんせ体内で熱平衡機能を持つ脂肪分が少ないもんですから,己は変温動物かと突っ込みたくなるほどに外気温の変化に敏感でして.ではその問題を根本から解決するにはどうすればよいのかと思案した結果,始めました.
夜中寝る直前にクリームたっぷりのチョコレートケーキを二人分とポテチ,それに暖かいバナナミルクとカロリーメイトを食べる.もうアレですね,何て突っ込めばいいんでしょうね.これで太らなかったら単に成人病と虫歯のリスクをガンガン上げているだけですよね.いやちゃんと,その後しっかり歯は磨いてから寝ますけど.
とりあえず今冬のスローガン「人生は就寝前の糖分量で決まる!」でいくことにします.まったく,どこまで真面目なんだかフザケてんだか.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

磨く

  • 2009/12/02(水) 22:25:34

前回のエントリーに対して,文字だけじゃわからん!という突っ込みを頂きましたので,というよりも写真を撮るのをすっかり怠けておりましたので,撮って来ました.
_IGP3483.jpg
お肌ツヤツヤの地デジ仕様です.これでもうデスラー砲も怖くありません.多分この調子であと二~三回磨けば光学迷彩クラスになるんじゃないかと思います.何の事やら.足回りから上は室内もやるだけやったので,次は下回りとバンパー等のプラスチック部品ですね.ふふふふ.
そういえばつい先日,一組のを磨きました.玄関の隅っこでホコリを被ってヒビだらけになっていた,使い古されたローファーでございます.一応上はガラス仕上げの本ですが,造りはセメントの足下はもちろんゴム底,履き口にももちろんゴムバンドという典型的な大衆向け通勤であります.
ただただ,黙々と磨きます.自分の趣味とは真っ向からぶつかり合う様なこんなも,磨いてみると意外に綺麗になるもんです.さすがに放置期間が長かったのでヒビの具合も酷く,新品同様とまではいきませんでしたが,程々に使い古されたけれども,そこそこ手入れしてある程度にはなりましたのでよしとしましょう.残念ながら履き手は居ませんので,履き心地の変化まで確認するには至りませんでしたが.ってしっかり手入れすると,履き心地まで変わるんです.
何でまたそんな靴を磨いたかって?そりゃこれがたまたま目に入ったからです.父親が生前履いていたこのくたびれた一足が.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

黒く青く

  • 2009/12/01(火) 02:45:33

不安障害の波に翻弄されるように,自身の生活パターンも,起きるのも厳しい日から,何とか洗車が出来る日まで,随分と振り幅があります.
先日は幸いにして昼過ぎから調子が良かったので,調子に乗っていつもよりちょっと気合いを入れて手入れをしてたら,日が暮れてしまい,結局真っ暗な中,懐中電灯の明かりで最後の拭き上げを行うハメに.オマケにサムイ.人生は計画的にいきましょう,ハイ.
その甲斐あってか,見違えるように輝くようになりましたMy A6!最初ウチに来た時にはちょっと暗めの紺色という感じだったのが,今ではようやくAudiのカラーコードで言うところのミンクブルーパールエフェクトに近づきつつある気がします.外光の具合で色,ツヤという表情が変化していく具合を見ているのが楽しい.
どうやら今までは,コイツの本領を発揮してやるには手入れ不足だったようです.夜中,フロントのボンネットが周囲の光景をそのまま映し出すぐらいテカテカにしてやって,ようやく初めて表現の幅に艶とパールさ加減が見られると.
フルボディ亜鉛メッキがしてあるだけあって,ボディにはほぼ錆一つありませんが,さすがに塗装を超えて傷の付きやすいホイールアーチの角の部分などには錆がチラホラ.今直ぐ何とかって事は無いでしょうけれど,早めに対処するにこした事はありません.うーん,錆の対処ってどうすりゃいいのやら.いやその前に小傷を直すタッチアップペイントを調達せねば!
そういえばつい先日,気がついたらオドメーターが10万km超えてました.なんかあちこちネジが落ちてたり緩んでたりしますけど,あと倍は走れるよね☆問題は財布がいつまで持つかですが.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。