スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

雪豹来る

  • 2009/08/28(金) 23:11:51

前回,Leopardの時には発売前に近くのApple Storeに並んでブログに書いたりしたのも昔の話.鹿児島からだと一番近いところで福岡天神.さすがにマーチで福岡まで走るのは気が乗らない事もあり,今回は通販で我慢ガマン.それにどうせ福岡に行くなら,靴を見に行きたいのです.靴を.鹿児島にも渡来ものをアレコレ扱ってくれる靴屋を作るというマニフェストを誰か書いてくれたら即投票してもいいのですが.って,何のこっちゃ.
昼過ぎにはしっかりと配達日厳守のシールが貼られたパッケージに包まれてやってきましたMac OS X 10.6 Snow Leopard.何も見ずにそのままインストール.小一時間ほどマンガを読んでいる間に全て終わり,おなじみの何処の何ともつかない音楽と共にApple流のようこそ動画が流れる画面を見てふと思う.がオカシイ.
昨今の事情に合わせてついにMacでもSnow Leopardではガンマ値のデフォルトが2.2になるとは知っていたけれど,こりゃ変わったのはガンマ値だけじゃない.明らかに画面が緑がかっている.とりあえずカラープロファイルをいじっている間に違和感の無いには落ち着いたけれども,何だったのだろう.
にしてもネットを見てみても,見た目はあまり変わらない,という見解が多いけれど,それはあくまで形状の事であって,ガンマ値が変わったお陰か画面の味が随分と変わって見える.言うまでもなくAppleというのは昔からいろいろと見た目にこだわる会社.個人的にそのこだわりには大賛成で,やはり作業環境,あるいは単に長時間凝視されるモノは美しく,使い手に負担をかけないよう,よくよく考え抜かれるべきであるとと思う.もう何年間も自室の押し入れに放り込んだままだったPowerBook G3を先日掘り出した時にも,今でも魅入ってしまうそのデザインに暫くの間,手の上でくるくると回し様々な角度から凝視してしまう程.
前評判通り速度については上々.OSのバージョンを上げると速度も上がるというのは実に嬉しいもの.コンピュータから待ち時間というものを無くせば,一体どれほど人間の時間が節約される事か.その点からも,処理速度だけではなくインタフェイスのデザインというのはとても大事である.
Apple自身,そのネーミングや価格設定からもわかる様に,これは今までと比較して割と目立たないバージョンアップだとしているけれども,その実PowerPCを切り捨てていたり,形状を変えない事で違和感無く面倒な仕事を済ませているように思える.いろいろと調べていると,実は中身がこうでとか技術的にはどうだとか,そういう事を考えたくもなるけれども,この少なくとも形状を見る限りでは以前のバージョンとの差がわからない程に違和感が無い,という感じこそが最もAppleの狙ったところなのでは無いかと思えてくる.
そうしてある程度反発も予想出来る大仕事をやるのにもう一つ,基本性能の向上を合わせて来たのも実にユーザーの心理を考えた作戦だと思う.何かを切り捨てるついでが,使えるか使えないかもわからない機能拡充よりも,最も単純で誰もが恩恵にあずかる事の出来る速度向上というのは正にとてもバランスの良いアメとムチ.
昨今ではプロの映画評論家の筆よりも,Twitterでの見知らぬ人のつぶやきの方が映画の興行に影響するのでは無いかと言われる次第.そこまで見込んでかどうか,新機能新デザインの押し売りではなく,こういうCleverな方法を選んだAppleの虎視眈々としたしたたかさを見たわけでした.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。
スポンサーサイト

模倣

  • 2009/08/25(火) 19:46:13

投票日まであと5日.連日のように,こっちは何もしていないのに「アリガトーゴザイマス!」と連呼してまわる選挙カーがあちこち走り回っている.どうせなら見に覚えの無い無いお礼を言われるよりも,お礼を言いたくなる様な政治家であって欲しいものである.いやそもそも自分の票は一票しか無いわけで,それを入れる前にいろいろ言われると日本人としてはやや心苦しいものを感じる事もあるわけです.
そんな心で選挙カーをぽけーっと見ていると,ある事が頭に浮かぶ.アレって本物?と.本物という言葉は解釈が難しい.辞書を引いても偽りでは無いものとか,所謂カラスとは森羅万象からカラスではない総てのモノを取り除いたあとに残ったモノと言わんばかりの定義.別に辞書が悪いわけではない.という事は,政治家というのは,政治家ではない総ての人を除いた後に残る人の事である.
本物は見方次第でいくらでも変わる.例えば電話を例にしてみると,僕のある視点からは今の電話は全く電話ではない.電話の機能や形態を模した電話じゃないものは沢山存在するけれども,純粋な意味での電話はとてもレアなものになってしまった.一方で僕を含めて人間というのは柔軟なもので,機能やその形態が十分に再現されていれば,模倣物でも本物と何ら変わりなく扱う事が出来る.事実,アナログ電話の機能をデジタルで模倣したモノを,何の躊躇も無く電話として扱っている.もちろん,作り手が意図してそうした事は考慮の上で.
中身が見えない場合において,見かけというのはことのほか重要で,電話以外にも身近なところでは香りや味,色は既に模倣だらけである.他にわかりやすいところだとプリウス等のハイブリッドカーも,革新性を打ち出しながら既存の感覚で違和感無く扱える様に配慮してあり,さながら黎明期の車が馬の無い馬車の形をしていた様.
事の善し悪しは置いといて,こうして見かけを変えずに中身を別のものに置き換えてしまう事を繰り返していると,そのうち気がつかないうちに自然とマトリックスや攻殻機動隊のような世界になるんじゃないかと,今の技術を見てすらそう思えてくる.気がついたら自分は全部自分の模倣で成り立ってました,じゃシャレにならないのである.最もこういった自己や意識の連続性については哲学的な問題でもあるのだけれど.
何もかもが本物でなければいけない,という事は今の世の中無い.模倣も時が経てばそれ自体を本物として次の模倣を産む事になると思う.むしろ問題はそれが極まった時に,急に起こるものだと考えるわけです.古典のSFにも描かれている様に,人形が人形のうちは可愛いけれども,人の模倣をする様になると難しい問題を引き起こすもの.諺に,後の祭りとある様に,事は起きてからしかわからぬもの.その意味では,それが起こるかどうかのボーダーラインはとても細いと考える事が出来ます.
何故に選挙カーからこういう話になりましたかって,日本のとても機能的な政治を思い,こうして中身が次々変わっても変わりなく機能するのは凄いな,というわけでして.今日日,投票日になれば何の疑いも無く投票所に行って,全身全霊で一票を投じて来ますが,その結果というのは実に遠大な過程と模倣物を経て最終的にはテレビか新聞紙面あたりで目にする事になるわけです.そうして有権者は,その間に起きる事を総て真実だと信じていなければ到底見るに耐えないであろう事象を,あたかも産まれた時からそれが真実であると知っているかの様に認識する.
選挙に限らず疑いだせばキリが無いこの模倣の世の中,言い換えればギャップまたはクッションがあればこそ,こうして次々と形が異なるはずのピースをはめ込んでみてもとりあえず機能するのかなと,勝手に想像したりするわけです.
本物には模倣ではないという唯一の価値がありますが,個人にとってはそれが信じられるかどうかが総てではないかと,そう思うこの頃です.ともすれば短絡的な結論ですが逆の視点からは,信じられる,信じられない,という事の差はアレコレ細かく考えるよりも意外と簡単に物事の明暗を分けるものなのかもしれないと思うのです.信じれば総てがどうにかなる,のではなく,信じなければそもそも始まらない,という事で.でもこれが,信じられなければもう終わり,というわけでも無いのが世の中の面白いところ.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

とりあえずアメリカに行ってみて

  • 2009/08/20(木) 00:39:25

渡米前と後でハッキリと変わった事が一つありまして.と言うのも,やたらと街を走るが目につくわけなんです.
LAというのはそれはもう車社会と言われるその字面以上にしたところでして,勢い余って轟々と書きそうなぐらいです.
そんなところに2年半も住んでみると,嫌でも身に付くのがのアレコレ.果たして自分の購入したは適正な価格だったのか,程度はどうなのか,保険はどういう基準で決められているのか,車社会と言われる中ではどういう扱いを受けているのかなどを見ていると,自然と在る事無い事頭の中に入ってしまうという寸法で.
だからどうしたというワケでもないのですが,これが案外面白いのです.ある日,鹿児島市のベッドタウンである地元のこれまたローカルな交差点にて,対向車線からシトロエン・クサラが二台連なって走ってくるじゃないですか.近所にシトロエンばっかり置いてある(タブン売り物)蕎麦屋はありますが,そもそもこの辺りではシトロエン自体見る機会があまり無く,そういう現象を見ると思わずヘェーと思うのです.それだけなのですが.
他には地域のデパート屋上駐車場で日も暮れて,山の向こうから指すオレンジ色の光とデパートの照明に輪郭とメッキ部分の浮かぶベントレーを見て,ああ駐車場に入らないじゃないか,なんて思ったり.町内のとある駐車場に止まってる現行のGT-Rを見て,どこを走るのだろうかと思ってみたり.
改めて文章化して思ったけれども,きっとこれは車をよく知らない人には何の事だかさっぱりだし,興味の無い人にとっては単なる駄文であるに違いない.でも当人としてはその,大した事無いのだけれど,が面白いのが何よりなのかもしれない.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

シンボルとして

  • 2009/08/18(火) 23:14:35

つい10日程前の事.地元の小道をマーチでトロトロ走っていると,"小沢来る"の文字が.よくよくテレビに出る様な政治家は果たして,どんな喋り方をするのだろうかと興味はあったものの,残念ながら当日は所用があった為に"小沢来る"はすっかり忘却の彼方へ.いやまったく,それがこんな全国ニュースで思い出されようとは.
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090818-00000034-mai-pol
(Yahoo!ニュースより)
正直なところ今更,という感じがする.政界を二分しようかという政党が,例え地方とはいえ党大会においてその国の法的に定められた国旗を改ざんして,または物理的に傷つけて掲げるなんてのは,余程の事情が無い限り聞いた事が無い.数年前にあった国旗国歌騒動を置いておいても,その日の内に全国ニュースですっぱ抜かれてもおかしく無いネタだと思う.
日本国内や,特に東アジアでは歴史的事情から色々とある日章旗であるけれども,ひとまずこれが起きたのが自国内で幸いしたものだと思う.仮に他のお国の国旗でやられていたら,それこそたまったものではない.確かに形は似ているしアイデアは良いのだろうけれども,今回の件に限らず,そのモノが持つ政治的な意味と意図を汲み取れないようでは,政に携わっていると自負のあるであろう政治家の方々としては少々心許ない.
日章旗に限らず,というのは古来から様々なモノを象徴するシンボルとしての役割があった.無論日本においても何とかの旗印と一般に言うように,旗という存在は身近である.
ではその旗が今回何を象徴していたのかというと,日本政治事情である.日章旗は一般に広く日本を象徴するものとして認識があるとして,それが中途半端な形のまま歪に組み合わされ,一つに成りきれていない.それぞれの欠けた日章旗は言わずもがな,日本のマスコミの言う二大政党である.どちらがどっちというわけでは無く,あの旗の上にして象徴的に観るとどっちもどっちというわけで.
この件に対する国会での麻生首相の言も踏まえてふと頭を過るのは英語で言う政治,Politicsの語源.元を辿ればギリシャ語のPolisから来ており,そのPolisの人たるPolitikosを指して、また後にそのように振る舞う人または集団,機能の事を言ったのだとか.残念ながら現在のヨーロッパ諸言語を初めとした訳語ではこの語が使われていた時代の意味とは差があるらしく,完全なオリジナルの意味までは言及出来ない.しかし,根本的なところは今の政治に期待するところと,それほど大差が無いのではないかと思う.即ち,都市や郷,国といった集団の規模で物事を考え,行動する人間または団体,機能の事を指す.
30日の投票を前に日々,今日は何%とまるで明日の降水確率の様な支持率という数字が飛び交う報道を前に,果たしてどこに票を入れたらいいものかと思案するけれども,結局こんな数字は選挙に勝ちたい人間が最も気にするわけで,そもそも投票する側には選挙の後を予測するという意味こそあれ,投票先または選挙に行くか行かないかを決める基準としては本来極めて弱いものである筈である.
今回の件にただ政局を混乱させる以上の意味があるとするならば,それはこういった判断材料足らない情報による支配からの脱却では無かろうかと思う.何も全国民が総てアリストテレスたれというわけではなく,誰にでもある程度の主義主張,例えば極端な話,お茶は知覧の一番茶を霧島のどこどこの水でこの温度で入れたのが一番美味しいとか,ギターの弦はどこそこのハイテンションを張ってからこれくらい置いた時間が一番弾きやすい,ぐらいの目で今の政治を見られないだろうかと思うわけである.その上でより良いお茶の入れ方,ギターの弦の張り方を論ずればいい.
さも無ければ,それこそこの国はあの日章旗のように不完全なままに迷走する事になるかもしれない.別段あの旗は誰彼がどうこうしたからという事ではなく,しばしば幾多の物事が平行して起きている時に,意図したかせずか世の中にふと後の世にて象徴的に扱われるものが出てくる,そういった産物と捉える事も出来る.誰か一人がその時の気分でふと口にしたである言葉があっという間に流行語大賞を取るように.願わくばあの日章旗がそうならない事を期待したい.それとも,これは単に若輩の穿った見方なのだろうか.

何やら堅苦しいネタを書いていると休み休みネットをしたくなるもので,そういう時にこんなニュースを見つけて思わずニヤリとしてしまうのです.
http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/8201313.stm
別段自分が買えるわけでもなく,遠い海の向こうの話なのだけれど,何だか個人的にはつまらなくなる一方の日本の車を見ていて,こういう事が世界規模のニュースで出回るのが羨ましく思えたりします.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

痩せたナァ

  • 2009/08/10(月) 22:37:28

アメリカに行くと体重が増えて帰ってくるってのはよく聞く話なのですが,何故だか自分はさして体重が増える事も無く,ヨカッタナァ,なんて思っていたのもつかの間.帰国してから渡米前の体重を切る勢いで体重が減り,結局3kg以上も下がってしまいました.何という天の邪鬼.
夏バテもあるのでしょうが,いきなり細くなったお陰さまでスーツを仕立てる時のズボンの採寸が上手く出来ずに細くし過ぎてスラックスがキツキツに仕上がってしまったり,ジーンズがユルユルになってしまったりと,なかなか不便なものです.
ブログの更新頻度が下がり気味な割には忙しく,少しドタバタした日々が続いております.不思議なもので,アメリカに居た時の方が日本の時事やニュースをよく評価していたものかなと感じます.
ニュースと言えば日本に帰って来てから感じている事の一つに,正確ではない情報氾濫というものがあります.今時は昔と違って必死に勉強するよりも,溢れる情報から必要なものを探し出す能力が,なんて言いますけれど,情報の処理だけしていても,そこから何か形ある物に繋げないと,産業や資本主義的な側面からの評価は置いといて,生物として生きて行く為の生産行為には程遠いんですよね.天気予報だけ知っていても,自分か他の誰かが畑を耕さないと野菜は食べられないわけです.
ところがどっこい,畑の耕し方というのも案外難しいもので,端からは簡単そうに見えて,いざやってみると道具の持ち方すら判らなかったりするものです.果たして自分はどうしてその畑を耕したものか,知恵があるわけでもないのですが,とりあえず野菜が取れなきゃ生きて行けないよ,といろいろ試行錯誤をしているところです.まだまだ蒔いた種からどんな芽が出るかは,わかりませんが.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

うっかりしてました

  • 2009/08/07(金) 23:50:37

先日のエントリーでも触れましたが,本日は母校IBSの第35期生によるストリートスピーチに行ってまいりました.せっかくだし写真と動画でも撮ろうかと数日前から下準備をして,今朝も気合いを入れて準備をしていたわけですが,いざ会場についてみると,なんとビデオカメラを忘れて来たというオチが.
忘れたものは仕様が無いので一眼でパシャパシャと写真と撮るのに集中する事に.本日のスピーカーは堂々の29名.はい,さすがにカメラを構えっ放しはキツいものがありました(笑)薄情なもので,日頃は安心感を覚える愛機K10Dの重厚さも,こういう時には少し疎ましく感じるものです.
IBS外語学院は1年制なので,毎年のように面子が変わります.なのでスピーチも毎年のように違った個性があって面白いのです.更に個人的に自身が留学帰りという事もあり,より楽しめるのではないかと期待をしていたわけですが,結論として素晴らしいの一言に尽きます.
相応の準備期間とサポートがあるとは言え,どの学生,どのトピックを取っても,とても一筋縄ではいきそうもない英語化の難しい事柄を,完全に自分の言葉で操っているのが凄い.
言葉というのは不思議なもので,紙の上に書いた短いセンテンスを少し声に出すだけでも,読み手がそれをどう繰るかでデキが変わって来ます.今回のスピーチはチョムスキーが言うところの,言語能力と言語運用という言葉を感じた時間でした.
ある意味ではスピーカーというのはマジシャンに例える事も出来るのかもしれません.デビッド・カッパーフィールドのようなマジシャンは既に広く存在が知られている事,例えば物理法則を誰も思いつかない様な方法でもって上手く操って,一見それを逸脱しているとも思えるものを見せます.スピーチもスピーカーが既に確立されて広く使われている言語というものを,いかに巧妙に操るかで見せるものがまったく異なるものになるのです.またそのためには,自身のトピックへの深い理解と見識も要求される事でしょう,
それ程の事をしておきながら,ああすれば良かったかな,こうすればもっと良かったかなという言葉が出てくる学生の活力もまた舞台に華を添えていたのも間違い無いでしょう.まだまだ体力の戻らぬ身には少し辛かったですが,良い一日となりました.久しぶりに数時間立ちっ放しというのも経験しましたし,程よく疲労感もあるので今夜はぐっすり眠れそうです.
Finally , to all of IBS 35th students, helpful graduates, dedicated staffs, and loving their families, I would like to express my gratitude for providing such a great opportunity to enrich my afternoon and broaden my awareness of our great culture and current issues around the world.
Especially 35th students, all of you are just marvelous. I can think of only few students who can perform at your level even in my college in the United States. You are the best but never forget how much you have struggled and have put a huge amount of energy to perform your first great speech. Also, remember the way that you prepared for your speech. That is actually one of the best shortcut to be a fluent English speaker in my opinion.
Anyway, as one of graduates of IBS, I am very proud of today's performance and you, International Brilliant Students. For now just let yourself enjoy your feeling of accomplishment and fulfillment and charge your motivation to continue your venture. Good work today!



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

専攻は物理ですが

  • 2009/08/03(月) 18:30:28

帰国して暫くが経ち,その間にいろいろな人と話す機会があったわけですが,就職の話になると十中八九,「やっぱりコンピュータ関係?」と言われます.そりゃ確かに物理専攻では就職先と言えば,兵器開発するか大学ぐらいしか無いと言われるぐらいですが.
ところが実際は,人様に頼まれたりしてコンピュータを扱う機会は割と多いものの,久しく自分の為に必要以上に使う事は無く,案外当人はコンピュータというやつとはほどほどの距離を保って来た気で居ます.
ところがです,日本に帰って世の中を見渡してみると,コンピュータが使えて英語が使えて,というのはどうやら割と便利な様子.ならばと,せっかく少しは使える技術は磨いておけば後々何かの特になるかもしれません.
そうして久しぶりにwebプログラミングに手を出してみましたが,以前は自前で機械を用意してサーバを立てて,それからプログラムというような事をやっていたのが,今ではオープンソースの仮想マシン上でバリバリ動いてしまうのにはビックリでした.これは便利
いくら世の中が便利になったとは言え,それと引き換えに何かと金のかかる事が増えたのも確か.タダで済むならそれにこした事は無いと,僕に依頼されるコンピュータ関係の仕事も,常になるべく安くという言葉が付いてくるわけですが,これだけオープンソースで出来の良いものが増えてくると,会津若松市のような取り組みをするところが行政に出てくるのも納得です.
今では完全にブラックボックス化してしまったコンピュータ.何かをやろうと思った時に,その手段が近い様で遠いのです.例えば,DVDを作りたいとなった時に,DVDを作れるソフトがあれば良いのですが,DVDを作れるソフトを作るのは想像すら及ばないところにある.または少し違う事をしようとすると,途端に何も出来なくなってしまう.
本来ならば,入力から出力まで理論理屈で動いているはずのデジタル機器において,使い手の中にはまるで人の進化にあるミッシングリンクの様なものが存在しているわけです.道具は時に人の可能性を広げつつ,時に可能だと思われる事の幅を狭めます.個人的には,よくデザインされた道具は使い手を満足させ,成長させるものだと思っています.
結局は人が作ったものを人が使う,それを理解するのが簡単な様でまた難しい.それはまた自分の能力と使い手をいかに理解しているか,という事でもあるもので.いやはや,何やら最近,便利の皮を被った使いにくいものが増えているのが目につくのか,ついつい愚痴っぽくなってしまいました.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

何やら月刊ブログになりつつありますが

  • 2009/08/03(月) 02:04:15

暫くブログも更新せずネットにも顔を出さずにいたら,「あんた生きてる?」みたいな問い合わせをいただくようになってしまいました.心配していただくのは有り難いのですが,皆様お問い合わせの内容について,何かがズレております.何かが.
帰国してから,一月の間に生活環境を整えてやる!なんて調子のいい事を考えていたのも昔の話.気がつけばもう8月.未だに部屋が片付く気配は無く,一進一退の攻防が続いております.この有様でどうやって2週間足らずでアメリカから引き上げて来られたのか,自分でも疑問に思うところであります.
前回の更新から一つ変わったところと言えば,英会話のクラスを取り始めたぐらい.面白いもので,日本語で学んだ事は日本語でスラスラと話せるように,英語で学んだ事は英語でスラスラと話せるので,一般教養と呼ばれるものをその英語で学んだ身としては,英語がイニシアチブを取る場での会話がまた,ある種の知的欲求から来るストレスを発散する機会となっております.知らない単語,知らない表現,知らない時事,知らないありとあらゆる事,それ以外の知っている事の総てが面白さを呼び起こすのです.
一方,今後の身の振り方については,多少方向性が見えて来たところです.留学や勉学に限らず,世の大概の事は自分一人で行える様なものではなく,家族や友人,周りの人々の助力があってこそ成り立つもの.またいかに自分の力が微々たるものであろうと,逆も然り.
他にも水面下ではいろいろと動いているのですが,まだまだこちらで記事に出来る様な状態ではありませんので,暫くはあまり進退に関係のない話が続くと思われます.でもふと我が身を省みてみると,このブログを初めて以来走り続けて来て,今の様にフリーな状態になった事が無いという事もあり,これはこれでどう調理するのか,面白いのかもしれません.
帰国して気でも抜け過ぎたのか,まだまだ本調子には程遠く,朝夕が涼しくなる頃にはまた回転数を上げて行けるといいな程度で,今はまだ暖気中の模様です.そういえば幸か不幸か平日もふらふらしているお陰で,蜷川実花さんの写真展を訪れる機会を得ました.演出家の蜷川氏については名前ぐらいは知っていましたが,その娘さんについては全く知らずに,写真展もあえて何の下調べもせずに向かいましたが,それが功を奏してか本人を目の前にして,とても人間的な,そして直感的な印象を得てきました.
同時に,写真写真として見る事の他に,物語や他の事のメタファーとして見たり,モチーフを考えたり,会場のセッティングからストーリーを見たり,留学をして学んだ事を試す良い機会でもありました.まったくもって暇人若輩の身には有り余る贅沢.こういう機会を恵んでもらったK氏並びにB氏に感謝です.

あ,でも早速今週金曜にはもう一つ別の贅沢が待っております.

今週金曜日,12時半から鹿児島中央駅前AMU広場にてIBS外語学院第三十五期生によるスピーチが行われるのです.もちろん英語で.スピーチの内容が面白いのは言わずもがなですが,それぞれの学生が選んだ日本文化についても,これは通訳検定に出てもいいんじゃないか,という程に英語での説明が難しいのに,それにあえて挑み,その難しいところを誰にでもわかるようにと一生懸命になる姿を見るのもまた卒業生の一人としてこの上ない楽しみなのです.
惜しむらくは,怠け者の僕としては,行けば必ず何か仕事が降ってくるところでしょうか.器用貧乏ならいざ知らず最近では,僕ドラえもん……のポケット,と言われる私です.嗚呼,何処でもドアが欲しい.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。