FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

久しぶりに写った

  • 2009/04/26(日) 15:40:42

_IGP0203.jpg
AGSのカンファレンスにて,久しぶりに写りました.
あまりにも眠いので中身は週明けにでも追加いたします.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。
スポンサーサイト

君にはオーラがある

  • 2009/04/23(木) 08:08:50

本日で4月も既に22日,文字通りCollege最後の日までひと月を切ってしまいました.ついこの前まであと半年ある!と思っていたのですが.帰国日とは無関係に,授業が終わったその日には即,発てるようにしておきたいのですが,なかなかどうして,遅々として準備が進みません.
さておき,先日,新しいハウスメイトがご夫婦で入居して来ました.それだけなら別段大した事も無いのですが,笑ってしまったのが会って数日で言われた事.
「あなたはオーラをまとっているよ.頭脳明晰でいい人オーラが見える.」誠に失礼ながら,聞いた瞬間こっちが大爆笑してしまいました.
ただ笑っていても仕方が無いので理由を聞いてみると,どうも僕が玄関の靴の山を整理整頓したり,さっそく壊れてしまったご夫妻のWindowsを手早く直したのが気に入った様子.イイ人というのは,誰に言われる事も無く人目につかない間に仕事を済ませてしまった事にも由来するようです.案外,よく見られているものなのですね.
僕としてはいつもと同じ事をしているだけなのですが,特に壊れたWindowsを直すというあたりは,これはこれは随分とかいかぶられてしまったなかな?と思いながらでした.
ご夫妻は文化的には主に東アジア系の香りがしますが,でもこういう物事に対する価値観というものは、国や国籍が違っても通用する,いい実例が出来て嬉しくも思うわけです.
自分がヨイショされた事なんかよりも,他の人にそういう事を感じる機会になれた,という事の方がよほど嬉しいわけです.その価値というものが良いものだから,と押し売りをするわけではなく,人を持ち上げる時の人間の状態を考えてみると,それが偽りの心でも無い限り,案外悪いものでもないと思うからです.本心から誰かを持ち上げる時に,わざわざしかめっ面をする事は滅多に無いですしね.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

学生道とは寝ぬ事と見つけたり

  • 2009/04/14(火) 19:12:47

現在朝の3時を少しまわったところ.昨日は結局朝も6時まで起きていたのに,今日も懲りずにこの有様.そしてまだ明日,もとい今日締め切りのレポートが半分と,物理の問題が5ページ分程目の前に居座っている.今日をやり過ごせば明日は休み,と思いきや木曜はテストなので怠けるわけにもいかず.
学生は本当に体力勝負.特に留学してみてそう思う.体力気力がみなぎり,ついでに健康じゃないと.
留学している間はあまり体を壊さない,のルールを真っ向から破って常にヘバリながら60%ぐらいの力しか出ていない気もするけれど,それもあと2ヶ月足らず.いやどうせファイナルの間は休みのようなものだし,となると1ヶ月しかない.
そう考えると今日の一日徹夜するのも気が楽,というわけもないのでサッサと終わらせて少しでも寝るのが一番だ.そんな状態でブログなんか書いててですねって?いえいえ,たまには息抜きも必要なんです.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

人生哲学は何だったか?

  • 2009/04/13(月) 15:31:37

生物の課題,片手間程度で済むだろうと思いきや大間違い.書きも書いたり23ページ.フォーマットが変則的だから,まともなCollegeフォーマットに直したら45ページぐらいはいくだろうか.調べものと引用が大半であるから,そこまでの苦労はしないものの,一度に書いた枚数では下手な英語のクラスより多い.やはり怠けるのはよろしくないようで.
そうしてヒィヒィ言っている間に,久しぶりの友人から連絡があった.久しぶりなので話し込む.僕の事を老けてるだの歳食ってるだの言うわりには,自分もトルストイみたいな事を言う友人である.
さておき,最近こうして久しぶりの友人と話す機会がよくあるのだけれども,決まって僕を評して言われる事がある.あんたメンドクサイ生き方してるねぇ,と.身も蓋もないけれども,知り合った時期、場所に関わらず,共通点は僕の友人というだけの人々から同種の評価をもらうともなれば,はて,これは一考するしかない.
確かに,僕のやっている事,言っている事ともに,ともすればやや時代錯誤である自覚はある.その意味では単純にめんどくさいかもしれない.あんた明治維新前とかドイツあたりに生まれてた方があってたんじゃないか?と言われたり,コンビニの店員とか絶対向いてないね,とかそろそろ普通の人生に戻ったらどうですか,なんて事を言われたり,革靴のウンチクを語っていたら60歳ぐらいのじーちゃんと比較されたりと,少々自分というものを疑いたくなる事も侭ある次第で.もっとも,筆記用具を万年筆にかえて,最近ではアンティークの手巻き懐中時計が欲しいとか言いだすあたり,本人ももはや突っ込みどころが無い気もするけれども.
でもきっとそれ以上に友人にそう言わしめるのはきっと僕の行動,大げさに言えば生き方なのだろう.この歳でトルストイを引っ張りだして来たり,利より五常とか言いだす時点で年齢詐称扱いである.おまけにアメリカに来てまで律儀に武士道とか言ってるんだから目も当てられない.
言い訳はある.人生哲学だ.昔はもう少し言葉にしやすい人生哲学を持ち,意識しながら行動してきたつもりだけれども,ある時を境にそれが自分に対して通用しなくなってしまった.矛盾があろうと不完全だろうと,それで納得がいけばそれで良いのだけれども,例えそれが完全であったとしても納得がいかなければ,見向きもしないのが人間である.そうした問題を抱えていると,こんな事を休む間もなく考え続ける頭になるらしい.
ところがどっこい,そうして通用しない人生哲学を何とかしようと思う内に堂々巡りを繰り返すなんてのもありがちなオチで,今の僕がそれに近い状態なのだろう.そもそも物事を見る時の視点が中途半端な時点で,何をしようと満足する事が無いのは当たり前である.ましてや自分に懐疑的な時点で,自身の幸福の実現という根本的なものへの欲求に欠けるのが,目的意識足るだけの人生哲学を考えるには致命的である.友人と会話して,たまには初歩に戻ってみたら?の一言でふと,そんな事に気がつくものだ.なるほど,いくら知恵を得ても,所詮は一人分の知恵である.浅い.
人生哲学は目的意識,ひいては日々の行動の活力へも繋がる大事なもの.自分のそれを完全に肯定しきれない状態というのは,どうにもいただけない.それに気がついただけでも,僕にしては上出来だろうけれども,このまま放置したところであまり良い方向には転びそうに無いので,ここは一つ何とかする方法を探してみよう.僕は成功よりも失敗から多くを学ぶタイプの人間なのだから.何より,哲学主義も主張も無い人生なんて考えられないのだから.
あ,でもその前にあと2つ程レポートを書かないと今日の夜が危ない・・・・・・



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

Dragonball Evolutionを見てきた

  • 2009/04/11(土) 16:37:55

日もすっかり暮れた夜の8時半頃,ふとDragonball Evolutionの公開日が今日だった事を思い出して,その勢いで最寄りの映画館へと走る.原作,と呼ばれるものの存在する映画の宿命か,なんかいろいろと言われているけれども,日本人としてこれは見ておかねばなるまい.
映画の批評についてはプロフェッショナルな方々にお任せするとして,気軽に見た限りでは個人的にそこそこ楽しめた.でもきっとこの映画を楽しめるかどうかは,何を期待してこの映画を見に行くかによるんだろうなぁ.
そうして映画を見た後に,23時半頃帰宅.ああ,今度は月曜締め切りの生物の課題が待っている.ドラゴンボールパワーで明日の朝までに仕上がるといいな.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

筆記具について考える

  • 2009/04/06(月) 10:49:55

_IGP0127.jpg
日によっては何十ページと書く学生にとって,筆記具は正に生命線である.授業に出る事の意義は,そこでいかに自分の利益になる経験を積めるかにある.テキストは皆同じものを使っているが,同じノートは一つとしてない.だからしばしば,ノートテイキングの技術やスタイルについては学生間で話題になりもする.
一方で,実はその筆記のスタイルを大きく左右する筆記具そのものについては,あまり話題になる事が無い.とりあえず書ければ良い,ということなのだろうか.かく言う僕も小学校の頃から筆記具はシャーペン一本で通して来た.理由は簡単で,消せる,入手が容易,シャーペン禁止の場合が少ない,などなど.
ところが,こちらに来て数々のクラスを詰め込んだスケジュールで文字通りバリバリとノートを取っている内に,何となくこのシャーペンというやつに疑問を感じ始めた.特に執筆量が多い日に腕が疲れるのである.これはいただけないなと思いつつも,書く量を減らすのは本末転倒なので,それ以外の解決法を探して文房具屋を彷徨う内に一つの答えを見いだした.万年筆だ.
時を同じくして,キャンパスでちょっと働いて臨時収入があったので,その半分で実家に贈り物をして,残りの半分を何か勉強に役立ちそうなものがあれば買おうと思っていたところ.しかし万年筆など数年前に殆どお遊びで鉄ペンを触ったぐらい.ならばと,ある程度本数の揃っているペンショップへ出かけて本物を触ってしまったのが運のつき.
成る程,こいつは次元が違う.ペン先から紙へと吸い寄せられるインクのように,僕の心も万年筆を通して紙面へと吸い寄せられるような書き心地.紙に文字を刻むというよりも,紙と対話しながらペン先を滑らせるその感覚に思わず酔いしれる.様々な色や雰囲気のインクを選べるというのもまた何とも遊び心があっていい.
どうして現代社会はこんなに素晴らしいものを不便の一言で過去の遺物にしようとしているのだろうか,と思いつつも,個体差のあるペン先を慎重に試しながら,これからの相棒となる一本を選ぶ.以来,ノートを取る時の筆記具はこの万年筆一本だけだ.
文字通り紙面をなでるだけで筆記可能で,その紙面とのコンタクトもこの柔軟なペン先が上手く取り持ってくれる.純粋に書くのが楽しいのである.正直,筆記具一つ違うだけで,紙に何かを書くという事にこれだけの差が生まれるとは思ってもいなかった.その紙に何かを書いているという事が美しいのである.
キャップを開けて30秒も放置すればインクの流れが悪くなるし,一週間に一回はインクを補充しなければならないし,扱い方を間違えると手がインクだらけになってしまう.そんな不便極まりない物を使っている学生は他に見かけないもので,ジーンズに革靴,お揃いのベルト,ドレスシャツにテーラードジャケット,さらに気分次第でウェストコートやポケットチーフという,こちらもややズレた日頃の格好と相まって,今ではこれが僕のスタイルだと言われるようにまでなった.思わぬ副産物であるけれども,これはこれで悪い気はしないのだ.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

KYな照明器具

  • 2009/04/05(日) 16:05:27

帰国まではや2ヶ月という今日この頃,部屋の照明の調子がどうもおかしい.今まで何とかだましだまし使っていたのだけれども,ついに明かりがつかなくなってしまった.思えば二年程前に購入してから,まともに使えたのは二~三ヶ月で後はずっとだましだましだった気がする.
どうしたものかと分解してみたらびっくり.何と電球ソケット下部で電極を支えているプラスチック部品が真っ二つに割れているではありませんか.いやよく見たら真っ二つどころかいくつか細かく欠けている部分まで.一体なにをどうしたらこんな壊れ方をするのかかなり疑問だけれども,見たところスイッチのオンオフの際に最もストレスのかかる部分が壊れていたので,単なる強度不足であるように思える.直そうにも直りそうに無い壊れ方だったので,仕方なく,残り二ヶ月を暗闇の中で過ごすハメにならないよう,に新たな照明を買いに出かける.
道中,なんてKYな照明などと思いつつ,今回の一件に関わらずどうにもアメリカ製とは相性が悪いので,安いアメリカ系量販店と迷ったあげくIKEAへ.うーん,こちらに来てから買ったMade in USAの品々の中で,半年以上不具合無く動いたのはHPのプリンタとグラフ電卓,Novationのシンセサイザぐらいじゃなかろうか.こちらに来てから安物買いの銭失いって言葉をとてもよく意識する.
さておき,こちらの一般家屋の部屋部屋には備え付けの照明というものが無く,壁のスイッチはある特定のコンセントのオンオフをコントロールするようになっている.そのコンセントに主にフロアランプを付けて部屋の照明とするわけだ.
更に,こちらでは間接照明が主流である.さすがにオフィスなどでは日本と同じように,天井に蛍灯が並んでいるけれども,個人が使用するような室内では電球からのを何らかの方法で反射,または減衰させてから用いるので,必然的に源はより拡散したものになる.
日本のように天井から部屋全体を広く照らす照明が無いのは心なく感じる事もあるけれども,照明をインテリアとして考えてみると,いろいろと配置換えや交換のきこっちの方式も悪く無いかなと思える.
間接照明のは直接照明に比べてよりの形そのもので演出するので,照明器具本体が見えずとも,それぞれの製品に独特の雰囲気がある.これがもし自分の持ち家だったら壁や天井に備え付けの照明も使えると思うと,それらを使った自室の照明を考えてみるだけでもなかなか楽しい.自分の部屋なんて,とりえあず寝られればそれでいいと思っていたのは昔の話.今では観葉植物やら絵画の一つでも欲しいときたもので.あと二ヶ月で引っ越しなので残念ながらどちらも手が出ませんが.
ファションや車,音楽,更にはコンピュータ関係なども含めて,こういうところの美的感覚はこちらに来てから随分と変わったけれども,果たしてこれが日本に帰ってから吉と出るのか凶と出るのか.美しいと感じるものが増えたのは,素直に喜ばしいとは思えるのですが.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

時には勢いも必要

  • 2009/04/02(木) 10:44:19

DSCF4660.jpg
複数のクラスのテストやらレポートの提出やらが重なって,ちょっと忙しいです.今週木曜まで乗り切れば春休みが一週間入るので,それまでは気合いです,気合い.
先週末には演奏会形式の魔笛(抜粋)英訳版(ファミリーコンサート用)という,とてもとても簡素な魔笛を観て来ましたが,相変わらず夜の女王のアリア("Der Hölle Rache kocht in meinem Herzen")は聴いている側の息が詰まりそうでございました.面白いんですけどね.
そんなわけでオペラのクラスのテストが迫ってまいりました.それが終わったら明日の地理のテスト勉強,の前に物理のクイズを解いてから.勢いですね,勢い.チェスト



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。