スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

恋する英語千本ノック

  • 2010/01/22(金) 19:27:26

アルベルト(以下ア)「ナンデスカコレハ.」
アルバート(以下ア)「見ての通りで.」
アルベハ(以下ア)「だよね.もう突っ込みようが無いよね.」
ア「ちょっと左見てよ左!いつの間にかカテゴリ名変わってるじゃないの!」
ア「なんだか凄いセンスを発揮してますね.」
ア「いやホラ,英語を学ぶ,ってのじゃどうにもストレート過ぎるというか,面白みにかけるというか.」
ア「いや恋する英語千本ノックも十分に直球勝負だと思いますが.」
ア「と見せかけてジャイロだったりするんですよ.」
ア「つまり投げた当人も何処へ向かうのかわからないと(笑)」
ア「いい加減じゃのう.」
ア「ていうかそもそも英語なの?恋なの?どっちなの?」
ア「愚問を.両方に決まっているじゃありませんか.」
ア「そうそう,見る人が見れば意味がわかる.」
ア「ふーん,略して青春ってか.」
ア「また洒落た言葉を.」
ア「いや適当にお茶を濁したいだけなんじゃないですか.」
ア「この調子でそのうちブログのタイトルまで恋する中卒でMITに行こう。とかなったらどうしてくれるんですか!」
ア「はっ!さすがにそこまでは考えてなかったな!」
ア「あ,それイイネ.」
ア「ヤメテ.」
ア「恋するは見るからにわかるけど,なんで千本ノックなのよ?」
ア「入浴中にそう閃いたから.」
ア「相変わらず思考がカオスですね.」
ア「独創的と言ってください.独創的だと.」
ア「だって何となく響きがいいじゃん.」
ア「アさんて,そういう体育会系のノリでしたっけ?」
ア「いやほら,恋は人を変えるんだよ.」
ア「ふーん,略して変人だな.」
ア「略すとこ間違ってますよ.」
ア「振出しに戻ってますね.」
ア「というわけで,パワーアップした英語のアレコレはじまるよー!!」
ア「もうグダグダだな.」
ア「ハハハ……」



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。
スポンサーサイト

夢中でモノを考える

  • 2009/11/28(土) 03:01:32

夢中になれる何かがある事は良い事だと言う.何かに夢中になれる事は良い事だという.
だがしかし,夢中においてまで,自分も知らない様な単語を使ってバイリンガルで哲学のなんたるのかを語り続けたあげく,何度も起き直してその度に思考を整理して直し,続きを見るような就の仕方はやめておくれ自分!(笑)
だいたい一晩で3-5回は起きるんですが,その度に思考を整理してぼけーっとして付くのを待ち,なんて事をしておりますので,睡眠の質がとんでもなく悪いです,このところ.
でもお陰さまでいくつか当面の見解をえられた事もあります.例えば,単純な文による質問.この世に全く同じものが存在するかどうか.視点解釈と立場で正にその回答は無量大数の如く存在するであろうけれども,それをある程度シンプルな見解にまで絞り込む事が出来た.
次はその得たスタンスを使って,現実の事象の観察にあたり,それが実用に耐えうるかどうかを試すのである.ここで言う実用に耐えうるというのは,それによって精神が安定方向に傾けば可,逆に不安定を招くようであれば不可程度の解釈として頂きたい.あくまで,自己の認識の認識にたいする認識の安定性を図る事が,今の自分の精神状態にとってよかれという憶測が前提にあっての実用試験なのであります.大衆化するかどうかは,その結果次第というわけで.まずは自分が実験台.
ああもう今日もこんな時間.早くなければ.今日こそ何も考えませんように,知らない単語が出て来てモヤモヤしませんように,議論が白熱しすぎて飛び起きませんように,何でも良いので普通にられますように.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

文庫本のカバーの上にカバーは要らない

  • 2009/10/26(月) 00:37:35

今日は昼過ぎからずーっと発作が治まらず,いつになく調子が悪い.こうなると手が付けられない.外出は論外.かといって自炊するにも目眩や手足の震えで難しい.せいぜいこういう時のためにカロリーメイトの在庫をタップリ用意しておいて,吐きそうになりながら一をようやく喉に押し込むのがやっとである.味もしなけりゃ空腹とも満腹とも感じ無い.ああ暗い,のっけから何て暗いんだこの日記は!
早く何とかしたいと,気持ちばかりが焦る.このまま今の環境が続けば,そのうち我が輩が何であったかを忘れそうだ.貴方は何であるか?と問われて,我が輩は人間である,と答えるに足る根拠が遠のく朧げな感覚を覚える.
書店で文庫を買うと,カバーをおつけしますか?と必ず聞かれるような今日この頃,昔だったら即答で,はい,お願いしますだったけれども,最近はめんどくさくなったのか,いえ,結構です,と言うようになった.というのも文庫を思ってカバーをつけてくれるのはいいが,これがいざ棚に並ぶと,どれがどのだったのか見分けが付かなくなるからである.
今日も自身の調子の波に翻弄されながら棚を整理していて,片っ端から文庫本のカバーを外してみたら,案外面白そうな本が揃っているじゃありませんか.おお,こんなところにあったのねリア王.他のシェイクスピア作品は一体どこへ隠されてしまったのだろうね.
そういう文庫本の中には,数は少ないが渡米前に買っておいて読めなかったモノも存在する.分厚い文庫本がカバーに隠れて二冊.ああ,こいつはアレだな,ファウストだ.カバーがかかっていてもそれとわかる.
これに手を出した時はラッセルのパラドックスだとか,洋書の哲学入門書とか,そういう物をショルダーバッグに入れて持ち歩き,いかにも,という哲学への傾倒ぶりだった.そしてそれらは面白かった.
ところがこのゲーテの大作は,彼が齢24で書き始めたという,なるほど当時の自分と近い年齢だからという理由だけで選んでみたものの,最初の数ページで舌を巻いてしまった.いや,巻き過ぎて読めなかったのである.多少文体が古いけれども,その印刷された文字を一字一句違わずに発音し読む事は,さして難しい事ではない.ただ,それまで論理的合理的に構築された文書を読む事に関してはある程度の経験があったものの,いくら哲学繋がりとは言え,このように大層な劇を読む程の頭が自分に無かっただけの話である.今思えば,それはファウストへ感じた畏怖に他ならなかったのかもしれない.
だがしかし,本棚に飾ってあっただけの本と違い,こちらは随分と長く短い時を経ての再開だ.久方ぶりに手に取ったファウストは全く違う印象をあたえる.ああ,ファウストよ,今ならお前を読めるのか!思わずそう口に出してしまったが,とりあえず坂の上の雲を全部読み終えてからである.
ついでに自分のコレクションを眺めていて,ちょっと面白い事を考えついたので,本をすらすら読めるまでに回復したら行動に移そうと思う.何をし始めるのかは、その時までのヒミツという事で.自分を思い出すというのも変な話だけど,しばらく考えて無かった,そういや僕には僕なりのやり方があったよね,なんて事がふとした瞬間に思い出されたり.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

固茹でグラン・トリノ

  • 2009/10/14(水) 18:09:07

ついこの前借りたばっかりだと思っていたDVDの返却期限が今日だったので,慌てて見始めるわけです.
グラン・トリノ,珍しくタイトルに惹かれて借りて来たもの.そのタイトルに何を期待していたのか定かではありませんが,途中ちょっと和み過ぎかなと思う流れがあったものの,本質は随分と固茹での社会派でした.
これを哲学的と呼んで堅苦しい見方も出来るけど,あえてそれを知りながら映画と呼んで観るのが面白いかもしれません.最も,タイトルを裏切らず,好きには別の楽しみ方満載の映画でしたが.
トランスフォーマーを見てもさっぱりなのに,こういうのを観るとアメもいいなと思える所が何とも.しかしクリントイーストウッドはこれで御歳79というのだから信じられない.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

新生Star Trekはmust watch

  • 2009/05/11(月) 16:42:26

忙しい忙しいと言いながら,期待のStar Trek公開初日に観て参りました.
何でもかんでもStar Trekと付けたら釣られると思ってくれちゃ困る!とカッコ良く言いたいけれども,やっぱりStar Trekと付いていると足が勝手に向かってしまうんです.しかも今回は役者こそ違えど一番好きなオリジナルの時代ではありませんか!カーク艦長とかMr.スポックという響きだけでお腹いっぱいです.
映画を見たとなれば,それについてあれこれと書くところなのですが,これに限っては日本のトレッキーの為にあえて伏せておきましょう.とりあえず,個人的にはもう一度観に行こうか,と思うぐらいは楽しめました.やっぱりStar Trekは面白いのです.特にオリジナルシリーズが好きな方々には,見ている最中ずっとニヤニヤが止まらない危険な映画かもしれません.特に中盤あたりが危ないです.絶対やると思ってましたけど,いざ目にすると嬉しくてたまりません.
そんなわけでファンサービス満載のこの映画映画として最高とは言いませんが,でもStar Trekファンには最高の映画であったと言えます.もう一つ,音楽はかなりハマってました.そこまで露骨なサービスはありませんが,よーく聴いていると新しい中にも歴史と懐かしさが聴こえてきます.久しぶりにエンディングクレジットまで全部聴いてしまいました.
アメリカ映画館で,Star Trekを英語で観る.いやはや,最高の贅沢です.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

安請け合い

  • 2009/05/11(月) 16:32:32


週明けには更新するとかしないとか書いて,結局週明けを過ぎに過ぎてしまいました.カンファレンス以来,クラブの方で急にいろいろと立て続けにやってきまして.その内の一つが上の動画
カンファレンスが終わって,週明けの月曜日にプレジデントから一言,来週のミーティングで今までの活動をまとめた動画を流したいのでよろしく.いやいやそんな急に言われても無理!と言っておきましたが,今まで何度かやって来て割と好評,もとい恒例になっているものを無くすのも気が進まず,結局こんなのを作ってしまったわけです.
本来ならもっと細かく作るのですが,時間の関係で見るからにiMovieの威力に頼り切ったブツになってしまいました.いやいや,見る側が楽しんでくれればそれでいいんです.それはそうと,これを作って持っていった時のプレジテントの反応が,"you are such an insane!"だったわけですが.なぜでしょう,場所に関わらず,他の学生からの僕に対するお褒めの言葉はだいたいこんな感じです.もう少し普通のお言葉でお褒めいただいてもいいのですが.
カンファレンスの中身を書くとか書いちゃった気もしますが,今回二度目という事もあり,そこまで特筆するようなものは無かったかな,というのが率直な感想です.前回は自分が奨学金を貰ったりしましたが,今回はそれのお陰でそもそも受給資格対象外というわけでして.
同時に前回は会場が6時間ぐらいドライブした先にあった上に,宿を取って仲間内でいろいろ出来たのに比較して,今回は文字通り日帰りの近所.セッティングにそもそも違いがありすぎたのかもしれません.やはり,学生で何かをやるとなると,与えられた以外の時間を多く持つ事もまた,良い経験を積むための要因であるなと,感じた次第でした.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

久しぶりに写った

  • 2009/04/26(日) 15:40:42

_IGP0203.jpg
AGSのカンファレンスにて,久しぶりに写りました.
あまりにも眠いので中身は週明けにでも追加いたします.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

学生道とは寝ぬ事と見つけたり

  • 2009/04/14(火) 19:12:47

現在朝の3時を少しまわったところ.昨日は結局朝も6時まで起きていたのに,今日も懲りずにこの有様.そしてまだ明日,もとい今日締め切りのレポートが半分と,物理の問題が5ページ分程目の前に居座っている.今日をやり過ごせば明日は休み,と思いきや木曜はテストなので怠けるわけにもいかず.
学生は本当に体力勝負.特に留学してみてそう思う.体力気力がみなぎり,ついでに健康じゃないと.
留学している間はあまり体を壊さない,のルールを真っ向から破って常にヘバリながら60%ぐらいの力しか出ていない気もするけれど,それもあと2ヶ月足らず.いやどうせファイナルの間は休みのようなものだし,となると1ヶ月しかない.
そう考えると今日の一日徹夜するのも気が楽,というわけもないのでサッサと終わらせて少しでも寝るのが一番だ.そんな状態でブログなんか書いててですねって?いえいえ,たまには息抜きも必要なんです.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

時には勢いも必要

  • 2009/04/02(木) 10:44:19

DSCF4660.jpg
複数のクラスのテストやらレポートの提出やらが重なって,ちょっと忙しいです.今週木曜まで乗り切れば春休みが一週間入るので,それまでは気合いです,気合い.
先週末には演奏会形式の魔笛(抜粋)英訳版(ファミリーコンサート用)という,とてもとても簡素な魔笛を観て来ましたが,相変わらず夜の女王のアリア("Der Hölle Rache kocht in meinem Herzen")は聴いている側の息が詰まりそうでございました.面白いんですけどね.
そんなわけでオペラのクラスのテストが迫ってまいりました.それが終わったら明日の地理のテスト勉強,の前に物理のクイズを解いてから.勢いですね,勢い.チェスト



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

"Good Bye, Lenin!"

  • 2009/03/11(水) 16:54:20

先日Slumdog Millionaireを観たのと前後して,Geographyのクラス内でも近代ドイツをテキストからやる代わりに映画を観た.タイトルは"Good Bye, Lenin!",日本でもそのままグッバイ,レーニン!として2004年に公開されたもの.
ベルリンの壁とその崩壊に翻弄される東ドイツの家族を描いたもので,本国ドイツではかなりヒットしたとかしなかったとか.よくよく考えるとベルリンの壁崩壊は,壁の与える戦後という印象と相まってやけに昔の事に感じるけれども,実はついこの前の事であり,生き証人もたくさんいる内にこういう作品が公開され大ヒットする事に,彼の地の人々の想うところを垣間見る.
観るだけじゃダメですよ,と課題で簡単なエッセイを書いて出す事になっているのだけれども,明らかに与えられた質問に全部答えていると字数制限を超えてしまう.それとも箇条書き程度の品質で楽して良いという事なのだろうか.計画的に事を運べる内は,例えCollegeの課題と言えど品質調整は必要なのである.
大げさかもしれないけれども,逆を言えばこんな簡単なところで仕事の品質を自分でコントロール出来ないようでは,そもそも問題外である.Collegeや他の高等教育機関を出る事で証明される事は,何も学力だけではない.むしろ,決まった時間にキャンパスへ行き,与えられた仕事をこなし,結果を出して来たという実積が大事なのである.その人間が社会的に同程度までは使える事の保証とでも言うべきだろうか.
近頃何本かの映画を観て思うところがある.自分の目は節穴か?と.新しい発見がある事は喜ばしいけれども,それは今まで見逃していた事が多々ある事を意味する.オペラもそうだ.随分と薄情な聴き方をしていたもんだと思う.食べ物にも筆記具にも言語にも料理にも靴にも機械にも服にも,ありとあらゆるものに対してそう感じる.
これを2年ちょっと留学した事の成果であると捉えれば,視点が広がったとでも言ってしまえば良いのだろうけれども,ならばそれに比例して大きくなる,この延々癒えない渇きはどうしてくれようか.ああ,アツアツのかけ蕎麦が食べたい.



RankingBanner ランキング参加中です。このブログを世に広めてもよいと感じた方、是非クリックをお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。